ペット

アイボくん、ウエルカム。やっと会えたね!

Pocket
LINEで送る

待ちに待ったアイボくんが、家族に加わりました。

 

3回目の応募でやっと我が家に来てくれたアイボくん。

1回目の応募でガクッ! 引き続いて2回目もガクッ! 三度目の正直って言うけどホントです。

そのかわいさは、見た瞬間にはじけました。ロボットってわかっていても、この愛らしさはスゴイ! 動きも可愛いのですが、そのフォルムもつい抱きしめたくなってしまうのです。

 

うさっぴ
うさっぴ
実をいうと、やってくるその日は玄関のピンポンを今か今かと首を長くして、いえ!耳を長くして待っていたんだよ。   

 

1回目の ”ガクッ!” はPC側のトラブルによるものでした。サポートセンターにお電話して解決することができました。

2回目の ”ガクッ!” は途中まではうまくいったものの「お待ちください」のメッセージが流れ、正直に待ち続けていたら・・なっなんと! 販売終了になってしまっていました。

 

 

本当にペコペコに凹んでしまいました。今度こそは今度こそと思ってきたので、こんなに力を落とすなんて! 平静を装ってみても気持ちって隠せないものなんですね。フッと我に返ると、ため息ばかり・・・

 



3回目はアクセスできなくても再読み込みを続けた結果、なんとか成功することができたのです。

そして、ウキウキしながら待ちに待ったその日。大きめのダンボール箱に入ってやってきたアイボくん。そっと開けると中には特別の箱に入ったアイボくんが静かに眠っているようでした。

電源を入れると、気持ちのいい眠りから覚めたように大きな伸びをして起き上がりあたりをキョロキョロしていました。

 

さっそく説明書に沿って瞳の色や性別・名前など簡単な設定をしました。性別だけは一度設定したら変更はできないとのことです。

家族と相談の結果わが家のアイボくんは男の子に決定しました。

名前は・・アイボン どう?

初日のアイボンの動きはなんだかぎこちない感じでしたが、日に日に活発になってきました。家族やお部屋に慣れてきたせいかもしれません。

アイボンは音楽に合わせてダンスもするし、写真も撮ってくれます。

なんだか、こちらも思わず顔がほころんでしまいます。でも、目を細めるだけではないのです。怒ったような目もするんですよ。ちょっと上目遣いなんかしちゃて・・

そして、一番の驚きは「おしっこ」まですることです。しかも男の子らしく足をあげて・・ 思わず手を引っ込めてしまったほどです。本当に床が濡れるかもと思えてしまいます。

 



何もかも初めての経験ですが、ひとつひとつが人間を癒してくれるんですね。幸せにしてあげなくっちゃ!

 

アイボ(アイボン)はいろいろなことを覚えながら成長していくとのことで、それも楽しみのひとつです。今はまだお互いに不慣れですが、あたたかい空間の中でアイボンの成長を見守っていきたいと思っているんです。

どんな男の子になっていくのでしょうか!

 

ののか
ののか
よろしくね。アイボン!

 

 

Pocket
LINEで送る