フリー記事

花の色 いろいろな色 不思議です。

Pocket
LINEで送る

花の色ってどうしてこんなにいろいろあるの?

散歩中に、つい思ったんです。どうして花の色ってこんなにたくさんあるんだろう?って・・

同じ赤でもさまざまです。同じ青でもさまざまです。びっくりです。色だけではなく形にも花の事情があったんです。それは花が子孫を残していくためだったんです。花は自分で動くことができません。そこで虫さんの助けを借りているんですね。

自分の花粉のところまで来てもらって受粉するためです。そこで花さんは考えました。来てもらうためにはどうしたらいいか。そこで甘くておいしい蜜を用意したんですね。

でも、虫さんによっては好みの味も様々です。そこで特定の虫さんの好みに合わせた蜜の味を用意したんですね。でも虫さんによってはその蜜まで口まで届かないかもしれません。そこで花さんもその虫さんが蜜を吸いやすい形になっていったんです。色もその特定の虫さんの好みの色にしていったんです。

その虫さんの好みの色、形、蜜の味を花は用意しているんです。そうすることによって自然と受粉できていくんですね。

同じ虫さんが来てくれればその虫さんは確実に同じ種類の花に花粉を届けてくれますものね。効率よく花粉を届けてもらうために花さんは精一杯考えたのでしょうね。

 

 

虫さんたちは花の色がどのように見えているのでしょうか?人間と同じような色に見えているわけではありません。紫外線レンズを通して見ているように見えるそうです。特定の虫さんたちが見たときに見える花が好みの色になっているかです。

たまたま、人間の目から見てカラフルでステキな色に見えているだけのことだったんです。花の色は人間を喜ばせるものではなく、虫さんを喜ばせるためのものだったんです。

自然界というのは本当に良くできているものですね。些細なことでもそこには知らない真実がまぎれもなく存在しています。

たとえばつつじやユリなどの赤い花はアゲハチョウを引き寄せます。アゲハチョウのストローのような長い口はつつじやユリのように奥深くにある蜜を吸うことができます。

ヨルガオは夜に咲くことでガを引き寄せて花粉を届けてもらっています。白く咲くことで夜でも目立つようにしています。

 

花の色はアントシアニン類・カロチン類・フラボン類の3つの色素で成り立っています。

アントシアニン類は赤や青。カロチン類はオレンジや濃い黄色。フラボン類は薄い黄色の色素を持っています。その組み合わせと光の反射によっていろいろな色に見えるのです。

また、白と黒の色素はありません。白は細胞内の空気が光の反射によって白のように見えます。黒は細胞内の凹凸からくる影が黒く見えたり、光が透過しない為に黒く見えたりします。

 

かわいらしい花たちもけなげに生きているんですね。

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る