フリー記事

骨粗鬆症にならないためにはカルシウム・ビタミンの摂取が重要なんです。

Pocket
LINEで送る

年齢を重ねていくと、骨密度が低下して「骨粗鬆症」になってしまいます。

骨粗鬆症にならないためにはカルシウムを摂取して骨を強くすることが大切ですよね。

カルシウムを効率よく摂取するために・・

骨を強くするために必要な栄養素は、実はカルシウムだけではないのです。もちろんカルシウム自体を摂取するのは大切です。それと共に、カルシウムの吸収を高めるためにビタミンDも積極的に摂取する必要があります。

カルシウムの豊富な食べ物と言えば、牛乳・ヨーグルト・チーズなどの乳製品。ししゃもや桜エビなどの小魚。大豆製品もいいですよ。豆腐や納豆が思い浮かびますよね。そして、以外にも小松菜などの緑黄色野菜にもカルシウムが豊富なんですよ。

カルシウムの吸収を助けてくれるビタミンDと言えば、鮭、サンマやサバ、干しシイタケなどですよ。

にゃんぴ
にゃんぴ
鮭にチーズをのせてホイル焼きなどのメニューはどうかな。簡単に出来てしまうのも魅力だよ。

また、骨の成分にはコラーゲンという大切な成分があります。コラーゲンを作るためには良質なたんぱく質が必要となってきます。

タンパク質と言えば、大豆製品・卵。肉や魚もありますね。骨粗鬆症になりやすいご高齢者の方はそれらのタンパク質の摂取が減りがちです。

お料理する方もここは腕の見せ所。毎食メイン料理として腕をふるってみてはいかがでしょうか。

 

そして、コラーゲンを作るためにはビタミンCも不可欠ですよぉ。ビタミンCが豊富な果物や野菜もどしどし摂取しましょう。

ビタミンCはイチゴ・オレンジ・レモン・キウイ・ブロッコリー・レンコン・じゃがいもなどに豊富に含まれていますよ。

うさっぴ
うさっぴ
緑黄色野菜は骨の形成を促進するビタミンKが豊富だよ。発酵食品に多く含まれているよ。骨を丈夫に保つのには欠かせないんだ。

カルシウムを摂取するだけではなく、失われていくのも防ぎたいですね。

ポイントは3つです。

・カルシウムの排出を促進するリンを含む食品添加物には要注意です。

・塩分の取りすぎはカルシウムの排出を促進します。お料理に一工夫したいですね。

・カルシウムの吸収を妨げるアルコール、利尿作用で尿へのカルシウム排泄を増やしてしまうカフェイン、胃腸の調子を崩してカルシウムの吸収を妨げてしまう喫煙。

どれもこれも、過度の摂取には気をつけたいですね。

ののか
ののか
ところで骨粗しょう症の「しょう」という漢字むずかしいですね。「骨粗鬆症」と書きます。この鬆(しょう)という漢字の意味はあらい・ゆるいという意味があって、大根やゴボウの中心にできるスキマをイメージしているようです。たしかに大根やゴボウは古くなるとスカスカ状態になってしまいますね。

 

Pocket
LINEで送る